--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月05日 (日) | Edit |
(写真が多くて、長いです。ただただ旅行の記録なので
 興味のある方はどうぞ見てやってください)


11月28・29日と小樽に1泊旅行に行きまして、
今回泊まったお宿はこちら・・・

料亭・温泉旅館 銀鱗荘
20101129-29.jpg
創業130年余の老舗旅館でございます!

毎年、この時期に1泊旅行に出かけています。
1年間よく頑張った!のご褒美として、いつも少しだけ贅沢をして、
宿泊先を決めているのですが、今年は・・・すごい頑張った!(お値段がっ)
ま、シーズンオフの大値引きプランがあったから泊まれたんですが
通常の値段なら、逆立ちしたって泊まれませ~ん

本館和室、花月の間。
20101129-04-1.jpg
写真が下手なんで分かりづらいですが、20畳はある角部屋で
2つある窓からは石狩湾と、小樽の街が見渡せます。
(あいにくの天気だったので、空も海も灰色でした
20101129-08.jpg
20101129-02.jpg
20101129-09.jpg


さて、夕食です。

食前酒「はすかっぷ酒」
先付「胡麻豆腐 源平味噌」
20101129-11.jpg
この味噌がとっても美味しかった♪

前八寸「落葉と春菊浸し・干し柿チーズ
     サーモンサンド・渋皮栗・青煮昆布・新数の子」
20101129-12.jpg
笹の葉に包まれて、ツブ貝が出てきたのですが
もーこのツブの柔らかいこと!

椀盛「真鱈 竹紙昆布とかぶ」
20101129-13.jpg

お造り
20101129-15.jpg

中皿「鰊鎌倉焼」
20101129-16.jpg

台の物「たらば蟹土佐酢」
20101129-17.jpg

蓋物「北あかりバターあん」
20101129-18.jpg

強肴「蝦夷鮑陶板焼」
20101129-19.jpg
陶板で焼いて頂くのですが、アワビってこんなに柔らかいの?!
と旦那大興奮でした。

止椀の赤出汁・いくらご飯
20101129-22.jpg
左上の海苔ですが、ご飯に乗っけて口に入れた瞬間の風味ったら!
ビックリして叫んじゃいました。
うちの海苔とは違うぜ。

季節の果物の柿を頂いて、夕食終了~。
お腹いっぱいでございます~(>_<)

正直、ニシンの鎌倉焼きくらいまでは
「足りないかも・・・私足りないかもぉ」と
旦那に訴えていたのですが、たらば蟹を食べたところで
急にお腹がいっぱいになってきまして・・・
その後の、北海道のジャガイモのブランド「北あかり」から
かな~りキツくなってきました。
そして、とどめのアワビ、1人1個
ペース配分間違えました・・・

そして、朝食。
20101129-26.jpg
もちろん、完食です。

さすが、老舗の料亭旅館だけあって
料理とおもてなしは、申し分なし!でした。
仲居さんも丁寧、しかも親しみが持てる感じで
上げ膳据え膳を満喫しました。

・・・ただ1つ難を言えば、お風呂ですね~
古い旅館って、女風呂が小さいんですよー(T_T)
男尊女卑の名残・・・?
露天風呂も断然、男湯の方が良い場所にあるし、
しかも最近では当たり前の、男湯・女湯の入れ替えナシ。
やっぱりお風呂は重要ですからねー
次、旅館を選ぶ時はチェックポイントにします。

1年頑張ったね旅行も、いつまで行けるか・・・
いつまで行くことになるのか・・・

毎年、旦那と旅行に行けることに感謝!!
スポンサーサイト
2010年11月30日 (火) | Edit |
11月28・29日と、お隣の小樽に1泊旅行に行ってきました。
といっても、小樽は札幌から車で1時間。
旅行というよりは・・・ちょっとソコまで、気分です。


さて初日の11月28日ですが、
いつもは寡黙で、パッションとはほど遠い位置にいる旦那が


「旅館に行く前に、どうしても行きたいところがある」


と珍しく熱くなっていたので、行ってきました。
こちら「小樽市総合博物館
20101128-19.jpg
今は総合博物館となっていますが、旧・小樽交通記念館でして
元・鉄道小僧の旦那を興奮させるモノがいっぱい展示されている場所なのです。


そして、偶然にも28日は「北海道鉄道130周年記念」ということで
イベントが行われておりまして・・・メインホールに人だかりがっ!
そして、その向こうに見えるのは・・・
20101128-04.jpg


タララタッタタ~ン!(ドラえもん調でお願いします)
デュアル・モード・ビークルぅ~
略して~?(ごきげんよう調でお願いします)
「DMV~!!」
20101128-01.jpg
知らない人には「何のこっちゃ分からない」なのですが、
こちら、JR北海道が利用の少ない路線のコストを削減するため開発した、
線路・道路両方を走行できる車両なのでございます。
そして、このDMVが旦那の「鉄道小僧・魂」に火をつけたのです。

普段はホント物静かで、物事に執着しないアッサリとした性格をしているのですが、
体験乗車」が実施されていると知るや

旦那「絶対乗りたい!!」

と言い出したのです。

私「え~!!マジで?!」

体験乗車って言っても、たった20mの走行距離だし
この日はこの冬一番の吹雪だったんで
私は「見れて良かったねー」で終わると思ってたんですよねー

外、こんな吹雪だし・・・
20101128-07.jpg

順番待つの外だし・・・
20101128-05.jpg
(旦那の帽子この後、雪まみれになりました)

・・・・メッチャメチャ寒かったです。

幸い、10分弱の待ち時間で乗れまして、ま、なかなかの貴重な体験でした。
(でも体の芯から冷えましたよ(T_T))



中はマイクロバスと同じような雰囲気で、
20101128-06.jpg
外見もバスって感じなんですが、
20101128-10.jpg
線路の上を走る時は、前方にある線路用の車輪を使うので
ちゃんと「ガタンゴトーン」って電車が線路を走る音がしました。
20101128-15.jpg
道路の上を走る時は、線路用の車輪を格納して
車用のタイヤで走ります。
20101128-14.jpg

過疎地の足として、走れ!DMV!
頑張れ、DMVぃ~!!
(仮面ライダー調でお願いします)


・・・すっかり、鉄道ブログ(?)になってしまいました。
小樽の旅館の話はまた次回・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。